日本語教師になるためには特別な資格は必要ない?

>トピックス>日本語教師になって海外の人に日本語を教えよう!

人気が高い日本語教師のお仕事

世界では日本の文化に触れたいと考えて、日本語を学んでいる外国人が多くいます。その日本語を教える日本語教師は、様々な場所で活躍することができます。そのため、年々日本語教師になりたいと考える人も増えてきています。

日本語教師が就くことができる仕事

  • 日本国内の語学学校
  • 日本語教室
  • 青年海外協力隊での日本語指導
  • 大学での論文指導
  • ビジネスでの日本語指導

日本語教師になるには認定試験を受けなくてはいけない

日本語教師になるためには、特別な資格は必要ありません。しかし、公教育機関で教える場合には現地の教員免許が必要になることがあります。また、最近では日本語教育能力検定と呼ばれる検定の試験合格が採用条件になっていることもあります。

覚えておきたい日本語教師に必要なこと

男女

理解力

日本語教師は、外国の方に日本語や日本の文化を教える人になります。しかし、日本の文化だけを勉強していればいいというわけではありません。日本の文化を知るために、ほかの国の文化も勉強し、比較しながらどういった違いがあるのかを明確にする必要があります。そのため、他国文化を理解できる力が必要になります。

表現力

日本語は世界にある言葉の中でも難しいといわれるグループにあります。そのため、日本語教師は教える相手にいかに伝わりやすく表現できるかが重要になります。ひらがなやカタカナだけでなく、漢字を教える際にはこの表現力で相手に文字をイメージさせ、生徒の理解力を向上させます。

忍耐力

日本語教師の一番ともいえるものが忍耐力になります。日本人でも母国語でない言葉を覚えるには、様々な葛藤があります。それは外国の人たちにもいえます。根気強く教えることで、生徒に日本語を身につけさせることができます。

日本語教師になって海外の人に日本語を教えよう!

ウーマン

生徒の成長を間近で見ることができる

常に日本語に触れている日本人とは違い、外国の人達は日本語学校に通うことからスタートになります。そのため、日本語を知らない時から卒業までの間、生徒たちの近くで成長を目の当たりにすることができます。自分の教えた知識で、生徒が日本を知ることができるのは嬉しいことです。

広告募集中